中津南地区

中津南地区社協は、
11地区から構成されています。
・中村区
・西七区
・東七区
・第8区
・第9区
・昭和区
・第21区
・第19区
・実戸区
・一色区
・尾鳩区
■ 中津南地区社協は、民間の組織です。
■ 中津南地区2400世帯を母体とし11地区から代表者を選出し南地区の福祉活動を推進する団体です。
■ 代表者は、11地区の各区長を中心に各区の民生委員・各区の地域福祉推進員・各区の地域見守り員・各区の地域通信員、総勢74名が中心となって福祉活動を推進する団体です。
■ 活動資金は、中津川市社会福祉協議会が毎年募集する会費と赤羽根共同募金の一部が使用されています。
■ 毎年定期総会を開催し、その年度の事業計画をたて、その事業計画に基づいた予算で運営しています。
■ 民間組織が上手く活動できるように、中津川市社会福祉協議会の職員が事務局を担当し活動を支えています。
■ 中津川市には、中津南地区社協を含む15地区社協があります。































































































中津南地区社協    中津南地区地域づくり協議会のホームページへ







中津川市南地区社会福祉推進協議会(中津南地区社協)は主に南小学校  
区、11地区から構成されています。世帯数は、約2400世帯

■ 定期総会の開催 平成29年度総会は、5月26日に開催。
■ 議案は、全て承認されました。
■ 「中津川市社会福祉協議会南支部」を改め
  「中津川市南地区社会福祉推進協議会」略して「南地区社協」となりました。



■ 役員会 役員14名と事務局の役員会は、3ヶ月に1回開催予定。
■ 6月13日(火) 南地区地域福祉推進員の研修会が開催される。
  参加者 役員4名 地域福祉推進員 12名 総勢16名で開催。
  南地区基盤強化事業


■ 4月19日 理事会の様子



■ 3役会4名と事務局の3役会は、毎月1回開催。